忍者ブログ

同居人形別館

MSD・ROSENの月曜子・火曜子に関するブログ。ドールが苦手な方はごめんなさい。回れ右して、別のブログやサイトへどうぞ。

2018/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
穂都実のスモーキーなぼんやりとした目。



これはこれで気に入っておりました。

先日、ふと。
「…何となく、ピンクがかった紫の目にしたい」
と思い立ち、探しました。

なかなか理想のものには出会えませんでしたが、近いものを購入。



何となく意思を持った感じなりました。





もっと外の事を知って見ようかな、という感じ?

拍手

PR
デジカメにこんなモードがあったんだ…
ということで。

ふんわりモード



トイカメラ風モード



拍手

ボディを更に交換しました。
ピコニーモ、白肌のMサイズ。

リトルプーリップのサイズも可愛いのですが。
やはり関節が動かないのが気になってきて…。
あと、頭の大きさと体の大きさの違いがね…。

ということで。

じゃーん。



肘、手首、膝、足首、曲げられるようになりました!
頭身も理想に近いものとなっております。
…その分、服がすごいミニ丈になりましたが(^^;)
(あ、服も新しいのにしております)


少しですが、首もかしげられます。






ボディを合わせる際、ヘッドの方の首の穴を削ったのですが、少し削りすぎてしまって、ちょっとブカブカです(^^;)
透明ヘアゴムで何とかゴマカシながらの補強をしております。


お洋服、もうちょっと欲しいよね。
自分で作れるくらいお裁縫上手ならよかったんだけどね…。
(今まで幾度、作っては失敗、を繰り返してきた事か)



拍手

リトルプーリップのウィッチ。

ボディへの色移りが酷かったため、ヤフオクでリトルプーリッププラスのボディだけ出品されていたのを落札して取り替えました。

が。

ここで誤算。

リトプーと、リトプープラスでは、ボディの作りが若干違うため、顔とジョイントさせる時に、若干首の部分を削らねばなりませんでした。
(画像なし)

私は不器用なので、あまり上手く削れず、何か若干の違和感が……。(´・ω・`)

それはともかくとして。
パラボックスさんで、12mmのリアルアイと、4.5インチのウィッグを買い(ついでに服も一着購入)
装着!



じゃーん!

美人さんのできあがりー。

色鉛筆でうっすらメイクもしてあります。
(うっすら過ぎて見えない(笑))


これから



こうなって



こうです!



うふふー。

ウィッグは、4.5だとキッツキツです。
5インチの方が良かったかな、と少し後悔…。

我が家のウィッチちゃん、ですが名前はまだありません(^▽^;)
安直に、ウイ(卯衣)ちゃんとか、リト(理兎)ちゃん、とか呼びそう……。

拍手

先日、リトルプーリップをいじってから、楽しくなってしまって、もう一体買ってしまいました。

リトルプーリップ・ウィッチ



ルーチェと違って筒状のケースに入っている子。

このまま飾っておいても良し、という事なのでしょうか。




さて、衣装を脱がしてみると…(眉を落として、ウィッグも外しています)




きゃーーーー。

酷い色移り!!

まるで刺青。

メラニンスポンジでこすってみても落ちません。



裏もばっちり!

初期系のリトルプーリップは素材の気化性すごいんでしょうね…。

こんながっつり色移りしてるの、初めて見ました。


そして、何よりショックだったのが、服脱がしたとたん、腰が折れましたorz

応急処置として輪ゴム巻いている次第です。


眉をうっすら描いて(二重部分をがっちり描き過ぎました)

ウィッグに前髪作って

衣装を変えて、

手持ちのリボンを頭にのせて

なんちゃってアリスです。
(エプロンないけど)



後ほど、目も変える予定です。

拍手

まず、同じリトルプーリップを二体、買う。

同時期に、12mmのアクリルアイ、紫と青を買う。

揃ったところで、ドール解体。

(この間2週間くらい)



ここまでが前回、まとめた事です。



その後ですが。

布や小物を買いに行きました。



裁縫物と言えば、ユザワヤ。

という事で行ってきました…。

店が広く、種類も豊富なので、レース一つ探すのに時間のかかること、かかること…。



とりあえず、青いレース、紫のレース(スカート部分)

白くて少し幅のあるサテンリボン(ブラウス代わり)

小物パーツで、小さいレースやら、ビーズやら物色。



もう、これだけで目がぐるぐるしておりました。




この小さなレースリボンの飾り、解いたら、ボレロの飾りになりそうと思ったのですが、紫色がなくて、断念。

…したつもりだったのに買ってきてしまってました(苦笑)

悔しいので、解いて写真を撮ってみました。





こちらのお花パーツ。

ヘッドドレス部分にも使えそうだし、解いてボレロのふちにも使えそう、という事で、こちらを二色、購入。

写真を撮ってませんが、青い方が色が薄くて、白に近い水色になってしまいました…。


そこから、なんやかんや、また二週間を経て。



出来上がったのが、こちらです。




ボレロの合わせ部分、がっつりマジックテープです(泣)

あとで、ホックに直すか。

もしくは、背中でマジックテープで止めるように作り直して、前部分は縫い合わせようと思います。



スカートのレース、同じようなものに見えてますが、紫の方がタッグ(というのかな)がきれいに入っている状態のもので、青い方はゆるーくギャザーが入っているだけ、という、完全に別物。

…小さいからゴマカシが効いております…


頭から足まで15㎝しかないリトルプーリップです。

もう、ボレロの袖など、どうしてくれようか、と思いました。

拍手

Sound Horizonという、好きなアーティストがいます。
そのアルバム「Roman」に、オルタンスとヴィオレットという双子が出てきます。
通称、朝子・夜子。

二年に一度くらいの割合で「あ…朝子・夜子人形を作りたい…」という思いに駆られることがあります。



今年がそうなりました。

ねんどろいどで作れないかな、と思っているのですが、顔パーツは何とかなったものの、体パーツがそろいません。

いっそオビツボディで作ろうか、とも思ったのですが、ねんどろいどの小さな身体が良いのです。

そんなわけで、ねんどろいどの方は頓挫中です。



そこで新たに目を付けたのが、リトルプーリップ。

…普通のプーリップも考えましたが、そちらは、公式で売り出したのを入手してあるので…



リトルプーリップで、同じ顔の2体がそろってて、できれば金髪(揃いのウィッグを探して買うのが面倒だった)。



その条件で、駿河屋とオークションで、思った以上にお安く手に入れられたので、取り掛かりました。




リトルプーリップのルーチェです。

以下、人形解体シーンがあるので隠します。


拍手

5月22日に阪急梅田に行って買ってきた白茶というお茶の説明書きが、豆本みたいだった。






これはドールに持たせてみるしかない、と思ったら、案の定、良い具合。

幼SDには、少し大きかったので、MSDさんに持たせてみました。

うん、良い感じ、良い感じvv











拍手

ROSEN LIED monday'sChild ChouCream


月曜子の服は少なすぎる…。
着た切りスズメ状態だよねえ。





手にしているのは、ドラッグストアの香り見本だったスプーン型の飾り。
要らなくなった時にもらって、余分な所を切りとって、軽くふちにやすり掛けしたもの。
手鏡持ってるみたいに見える。




大きさ比較のポケットティッシュ。
一個とほぼ同じ大きさ。
ポケットにも入るね(笑)

拍手

ROSEN LIED Tuesday'sChild Limited Melody For 1st Anniversary

本家での見本画像



幼SDサイズのウィッグのはずなのに、すいぶんとブカブカ…。
おでこが協調されているので、仮名で「でこ子」と呼ばれている。



大きさ比較のためのポケットティッシュ。
およそ二個分?



この子はrosenサイトで見かけたように、長いウィッグが似合うだろう、と思い、変更。
ついでに、私のスカーフをショール代わりにしてみる。


前髪があるウィッグでは「でこ子」とは呼べない…(笑)

拍手

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[02/15 くま]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ちゃ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 同居人形別館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]